ストーリー

空の彼方、約束の地へ。蒼の少女は安寧の終わりに現れた。

空の青さを見つめていると見知らぬ彼方へ帰りたくなる。
空の青さに吸われた心は遥か彼方に吹き散らされる。

果てだ。ここは空の果てだ。遂にたどり着いた。
我が子よ。星の島、イスタルシアで待つ。

厳かに神秘の奉られるこの島にいま、始まりの風が吹いていた。


大地が雲海を漂う、神に見捨てられし空の世界。

遥かな昔、《星の民》が圧倒的な力で世界をその手中に収めたが、空の民の抗戦に姿を消し、世界は再び安寧を謳歌していた。

神秘を奉る島《ザンクティンゼル》、そこには失踪した父の便りを手に、約束の地へと旅立とうとする主人公がいた。
唯一の家族である羽根トカゲのビィが止めるのも聞かず、歩みだそうとしたその時、孤島は炎に包まれた。

軍事国家《エルステ帝国》の軍艦が空を埋め尽くし、惨禍に飲まれる村で主人公は謎の少女ルリアと出会う。
二人の邂逅に、星に堕とされし竜はついに目覚め、歓喜の咆哮を上げるのだった。






コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-11-08 20:41:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード